一日葬(20名様まで)

火葬だけでは寂しく感じる。
お葬式は行いたいが費用を抑えたい。
お通夜は必要なく告別式だけでいい。
通常価格328,000円が
事前見積もりor葬儀後のアンケート記入で
295,200円
20名様まで

家族葬の流れ

1.お問合わせ、ご連絡

ご危篤を医師から告げられたら、家族、親族、本人が会いたがっている人に一刻も早く連絡しましょう。急なご危篤で事前のご準備がない場合も、南都公益社では専門のスタッフが365日24時間常駐しており、電話を受け付けています。すぐに、病院またはお亡くなりの場所に寝台車でお迎えにあがります。

2.ご搬送、ご安置

病院でご逝去された場合は、病室から霊安室へ移されます。また、故人様を搬送するためには「死亡診断書」が必要になりますので、お医者様に発行してもらいましょう。 病院などでご逝去された場合、霊安室から数時間以内にご移動を求められることも多いので、お迎えのための寝台車を弊社に手配してください。 病院などから、ご自宅やご安置場所まで寝台車にて搬送いたします。故人様をご自宅に安置できない場合は、弊社のご安置所・ご安置室をご利用いただくことも可能です。

3.お打ち合わせ

お葬式の内容や日程などを決めていきます。ご遺族の希望やご予算、葬儀の日程や式場・火葬場・霊柩車の空状況・宗教者のご都合などをお伺いしながら具体的に決定していきます。不安や疑問がありましたら何でもご相談ください。

4.葬儀・告別式

故人の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式です。葬儀の日は、できるだけ実務に追われることなく故人のことを想う時間を長くとれますよう、サポート致します。

5.火葬

火葬場へと移動し、火葬を行います。そして炉の前で「納めの儀」を行い、棺を火葬炉に納めます。約1~2時間の火葬後は、遺骨を骨壷に入れて、儀式は終了となります。骨壺は四十九日法要までの間はご自宅にお持ちいただくことになります。

6.初七日法要・精進落とし

故人の命日から数えて7日目に行う法要です。近年ではご葬儀の当日に遺骨迎えの法要と併せて、繰上げ初七日として行うことが多くなりました。初七日法要を終えた後に、僧侶と参列者へ精進落としをふるまいます。ご遺族は下座に座り、最上座には宗教者に座っていただきます。宗教者が参加できない場合は、お布施としてお配膳料をお包みしましょう。

7.葬儀後の一般的なお手続き

・年金手続き
年金を受給されていた方がご逝去された場合、年金を受け取る資格が失われるため、ご葬儀から14日以内に年金受給者死亡届を提出しましょう。
・葬祭費補助金申請
国民健康保険または後期高齢者医療保険の被保険者がご逝去された場合、被保険者の住所がある市区町村に申請すると、「葬祭費」が支給されます。支給額は市区町村によって異なります。

8.法事・法要・香典返し

ご葬儀後の供養を通して、故人様の想いを継承していきます。ご葬儀後は四十九日を始め、一周忌・三回忌とご供養が続いていきます。また、葬儀のお返しは四十九日法要後「香典返し」として、四十九日法要の香典のお返しは、引き出物という形でお返しするため、タイミングがほぼ同時となり、双方のお返しが混同されがちです 。

一日葬に含まれるもの

ご安置用シーツ
式場案内看板4枚
式場前案内看板
中陰佛花1回分
枕飾り一式
ドライアイス2日間
白木位牌7枚塔婆
白装束
桐棺
運営費
受付セット
骨壺・骨箱
お布施(お礼)封筒
焼香設備一式
各種手続き
寝台自動車
搬送先~10㎞迄
霊柩自動車
搬送先~10㎞迄
安置施設使用料
1日間
式場使用料
(親族控室)2日間

オプション

柩用花束
遺影写真

一日葬のよくあるご質問

お通夜を行わず、告別式の1日だけのご葬儀です。日程が合わせやすく、費用を抑えられます。
基本プランは20名様までとなります。追加の場合、お食事やお飲み物などのおもてなしの費用やホールの変更などの費用がかかります。
宿泊可能な斎場であれば故人と一晩お過ごしいただけます。できない斎場では、準備の間はご親族や近しいご友人で、お別れのお時間を過ごしていただけます。
対応可能です。ただ、菩提寺などがある場合は、許可の確認が必要になることがあります。
お通夜がないため、お清めのお食事費用がかかりません。また、お布施や祭祀料に含まれるお車代とお膳料の1日分を抑えられます。遠方からのご会葬者の宿泊代も抑えられます。

葬儀プランのご案内

奈良県内の福祉葬も承っております。
福祉(生活支援)を受けられている親族の方々へ
ご自宅での自宅葬も承っております。
ご自宅でゆっくりと故人を見送りたい方々へ